So-net無料ブログ作成

殺害動機が....「私より美人だったから」... [トレンド]

image.jpg

最悪な理由ですね...

「続きを読んでいただきたいです」
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓~~~ここから記事になります~~~

※日本でのことではありません

以前、起きた小学生による衝撃の事件が再び注目されている。

当時小学校6年生だった女児が「自分より美人だった」という理由でクラスメイトを殺害。
証拠隠滅を図り遺体をバラバラにしたのだという。

(証拠隠滅するためバラバラとは、、、ひどい。)
image.jpg

・小6女児がクラスメイトを殺害

事件が起きたのは2012年4月10日のことだ。
中国の広西チワン自治区に住む女児(当時小6)が友人である周さんを家に呼んだ。
2人は同じ小学校のクラスメイトで家も近所、仲も割りと良かった。

image.jpg

(仲がいいのにこんなことって、、、上辺だけの関係は危険(>_<))

この日、2人は加害者女児宅でテレビを見ていた。
そして周さんが携帯電話を触ろうと頭を下げたとき、女児は木製の椅子で周さんの頭を殴り、気を失わせた

(もう、アニメじゃないんだからさ~)

女児は周さんが目を覚ました後、親や学校の先生に殴られたことを言うのではないかと怖くなったそうだ

(それだけの方がまだマシですが...)


そして家にあった包丁やビール瓶、カッターナイフやハサミで周さんを襲い、その場で死亡させた。

(口封じのために殺すのは、アニメやマンガだけにしてくれ。)

殺害後、女児は周さんの頭部や腕を切断してビニール袋に入れて証拠隠滅を図った。
さらに血痕などもキレイに拭き取っていたという。

(グロイ。)

・殺害動機「自分より美人だったから」

(この理由はふざけすぎ。)

先日、行われた裁判の判決文によると、殺害の動機は周さんが美人で人気者だったためだそうだ
それに引き換え自身は太っていて周さんほどの美貌もなかったため、日ごろから嫉妬心や恨みを募らせていたのだという。

(嫉妬って怖いですね。)
image.jpg


・中国では14歳未満の刑事責任は問えない

(日本も同じですよね??)

現地察は女児が故意に殺害したことは認めたものの、刑事責任は問わず3年間の収容観察処分となった。
中国国内法では14歳未満の子どもの犯罪には刑事責任を問えないからだ。

なお、裁判では加害者女児の両親に対しすでに支払った分を含め賠償金計10万8000元(約174万円)の支払いを命じる判決を出したという。周さん両親はこの判決を不服とし上訴する予定である。

image.jpg

(人ひとり殺してこの措置は、全然納得いくわけありません!!)
(当然この画像のような顔をするはず!!)

~~ここまでが記事になります~~

みんなテレビの見過ぎでは??
命の尊さを勉強していただきたい!!

動機も普通じゃ考えられないです。
嫉妬や妬みって怖いですね

親や先生に言われるのが怖くて
証拠隠滅のためバラバラにしたって
ありますが、、、、

逆にそうやってから
バレての方が
困るに決まってるじゃないですか!!

とにかく厄介なのが
14歳以下を刑事責任に問えないのが
厄介です。

それで、親にも迷惑をかけているのに
この程度の処分で済んでしまっているのが
本当に問題だと
私はおもいます!!!

とりあえずもう一度 命の尊さについて考え直した方が いいと思いますヽ(`Д´)ノ


難病の子猫クロといつもいっしょ―小さな命も重さは同じ

難病の子猫クロといつもいっしょ―小さな命も重さは同じ

  • 作者: 山岡 睦美
  • 出版社/メーカー: ハート出版
  • 発売日: 2010/05/12
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。